​Ayana Fujibayashi

​まだ見ぬ地へ

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6(メイン).jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10(サブ2).jpg
11(サブ1).jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg

その日、夜行バスでその場所へと向かう。

真っ暗な外に浮かび上がる街灯の光を目で追っては、知らない地へ思いを馳せる。

考え事をしながら長い夜をゆっくりと過ごす。

そうしているうちにいつの間にか眠りに落ちる。

 

朝方遠くの山の間から見える空が少しだけ白んでいた。それでも辺りはまだ薄暗い。

バスから降り、見知らぬ土地にしばらく佇み、不安を抱え静かに歩き出す。

走り去るバスのエンジン音が聞こえなくなり、吐く息は白く漂い消えていく。

 

ゆっくりと歩いているうちに次第に夜が明け、見えなかった景色がだんだんと見えてくる。

不安は薄れ、これから出会う景色に期待を膨らませていた。

まだ見ぬそれらを見つけるために、ただひたすら歩き続ける。

藤林彩名/Ayana Fujibayashi

https://ayanafujibayashi.myportfolio.com

埼玉県出身、日本写真芸術専門学校卒業